上司の取扱説明書

マネージャーへ向けた従業員のモチベーション、インスピレーション、指導方法に関する本や記事はたくさん見つけることができますが、従業員へ向けた「上司の取り扱い方法」を書いたものはあまり見かけません。今回は、上司の取り扱い方法に関するいくつかの秘策とアイデアをお伝えします。上司と効果的にうまく付き合うことで、仕事上の関係性が良くなり、あなたが望んでいる機会を得られるかもしれません。 続きを読む 上司の取扱説明書

バケーションで学んだこと

日焼けも消えてきて、もう夏も終わりだと思う季節になってきました。実際、夏休みを取ることができたラッキーな私のクライアント、同僚、知人のほとんどは、夏休みを終えています。私も10数日をアメリカで(数日をビーチで)過ごすことができ、非常に満足した夏休みを取ることができました。今回は、私がバケーションで学んだことをお伝えしたいと思います。それらは当たり前のことですが、今年はこの明確な事実はいつもより私に影響を与えました。

1.  人生はお金がかかる!

家族がいるなら、シンプルな休暇でさえ高価だということをご存知だと思います。冒険好きであったり、遠くへ行ったり、長く滞在する程、かなりの金額になります。1人で旅行するだけでも、貯金が減ります。人生を楽しむため、または世界を探索するためには、仕事での成功が鍵です。小さくても大きくても常に成功していることが、ある程度の金銭的余裕を得るために必要です。この余裕によって、少々リスキーだったり独自の決断を下せるようになります。毎日充実し成功に繋がるように仕事をすることで、人生の選択肢が広がります。

2. 仕事は楽しいし、面白い!

1週間経ったとき、私は仕事に戻りたくてたまらなくなっていました!営業、財務、IT、マーケティング業務など、日々のエキサイティングな仕事のペースは、私のクリエイティビティと情熱を刺激し満足感を与えてくれていたのです。10~14日間の連続休暇を取って仕事から解放されたとき、本当に頭と心をクリアにすることができるでしょう。その時は、同僚に自分の業務のカバーを忘れずに頼みましょう。(反対に同僚が休暇を取る際は快くカバーを引き受けましょう。)バケーション中に毎日リモートで仕事をしてはバケーションになりませんし、頭をクリアにすることもリフレッシュすることもできないでしょう。それどころか逆にストレスになってしまいます。全ての人が、リフレッシュして仕事を再開できるよう、休暇は絶対に取るべきです。

3. リタイア?

休暇中は毎年同じ質問が頭に浮かびます。人はどうしてリタイアするのでしょうか?
私はエルトン・ジョンがなぜコンサートツアーを続けるのかとインタビューされた時のことを覚えています。彼の答えは非常にシンプルでしたが、とても共感できました。彼の言葉をわかりやすく言うと、「私が他に何ができるでしょう。人がゴルフをできる日は限られています。私の天職はパフォーマーであり、演奏している時が1番幸せなのです。」と言ったのです。それを聞いた時、「私もだ!」と思いました。仕事をしている時が1番幸せなのです。毎年休暇を取ることで、私の仕事への情熱を充電できるのです。自分が好きなことを1、2週間休むと、自分の人生で何が大切か、何をしている時が幸せなのかを再認識することができます。

4. エネルギー

仕事で成功するためには、エネルギーが必要です。エネルギーがあることにより、他の人々を元気付けたり、やる気にさせることができて満足感を得られたり、自分が大変な時にも乗り越えることができます。仕事を一切忘れる素晴らしい休暇は、次の仕事のための充電期間になります。

ほとんどの人はこれらのシンプルな事実を知っているでしょう。しかし、ぜひ業務のカバーをお願いして休暇を取り、家族と楽しんだり、日光浴をしたり山登りをしたりしてください。キャリアはマラソンと同じです。楽しく、適度に長い休暇は、マラソンに例えると給水所のような役割です。人生を楽しみ、成功できるよう充実した毎日を過ごしてください!

夏のスランプ

みなさんの多くが「夏のスランプ」という言葉を聞いたことがあるかと思います。スポーツでは、期待する結果を出せないアスリートを指すでしょうし、若者においては、終日何もしなかったり、新しいことをしたがらない子ども達を指すでしょう。ビジネスにおいては、生産性が著しく低下する期間を指します。多くの研究が行われ、8月は多くの職種で最大40%も生産性が低下することが分かっています。原因については多数の理論がありますが、私にとっては気をそらすだけのものです。もちろんそのような議論は面白いですが、理由が何であれ、生産性の低下は起こっているのです。夏のスランプに陥らないよう、私が考える職種に左右されないアイデアをいくつか挙げました。 続きを読む 夏のスランプ

ジョブフェア

過去数ヶ月に渡りメディアでも指摘されているように、求人倍率は過去50年間で最高を記録しています。各企業は候補者を確保するため、毎日たくさんの募集活動や戦略を打ち出しています。その中でも、新しい候補者を増やすだけでなく、より多くの情報を1度に多くの求職者に提供できる機会がジョブフェアです。

人材が必要であったり、雇用機会の増加を狙う企業は、毎年多くのジョブフェアに参加することをお勧めします。今回は、あなたの時間と投資を最大限に活かせるよう、企業と求職者の両者にいくつかの基本的なヒントをお教えします。 続きを読む ジョブフェア

夏のオフィスマナー

今回、ほとんどのリーダー、マネージャー、同僚が触れないオフィスのエチケットについて取り上げることにしました。これは主に、個人的問題を取り上げるのは失礼、誰かを非難したくはないという礼儀からくるものです。結果として、誰もこのトピックについて議論することなく、業務上支障が出ることになるのです。そこで今回私が皆さんのお役に立てればと思い、この課題を取り上げることにしたのです。(下記に挙げた製品を売り込んでいるのではなく、ただ企業の全体的な生産性を懸念しているだけです。)
続きを読む 夏のオフィスマナー

夏の面接

だんだん暑くなり、夏はもうすぐそこですので、面接のプロセスについてもう一度おさらいをしたいと思います。以前、面接の攻略法と準備については触れましたが、夏の面接はどうでしょうか。通勤の際にあたりを見回すと、みなさん既にクールビズで、もっと暑くなるともう少しドレスダウンも可能という会社もあるかと思います。 続きを読む 夏の面接

楽観主義は難しい

図書館や本屋では、「マイナス思考」や「悲観主義」の本は見かけません。なぜなら、人間の本質として、そのような思考に陥るのはとても簡単だからです。本当に難しいのは、不屈の楽観主義とプラス思考を持つことです。楽観主義やプラス思考について書いたベストセラー作家はたくさんいます。私独自のアドバイスがあったり、専門家達より優れているわけではありませんが、私の考えをいくつかご紹介いたします。 続きを読む 楽観主義は難しい