野望

「野望」という言葉は、色々な定義があり、人により様々に訳されます。私個人の定義は、「熱望」と「決意」であり、日々の行動を通して示し、課題又は目標として遂行することです。多くの人が、野心と希望を勘違いしがちです。「成功したい」、「仕事や個人的な目的や目標を達成したい」など、「~したい」という希望は野望ではありません。希望は失望の先送りです。

本当に野心的な人々は、常に努力し続け、効率的に仕事をしなければならないことを理解しています。これにより、彼らは目標を達成する可能性が高くなります。これは登山に似ていて、長く、非常に困難で痛みを伴う旅ですが、1分、1時間、又は1日に1歩でも進むことにより、頂上に到達することができます。

私達は野心的なプロフェッショナルがどんな人なのかを知っています。彼らは真のプロフェッショナリズムや、断固とした成功や財政的自立への欲求を持っており、ほとんどの場合、彼らは両方を持っています。しかし、残念なことに私達の多くは反対のタイプも知っていますし、関わっています。なぜなら彼らはとても見つけやすいからです。彼らは、仕事の目標、要件、またはKPIに到達することはめったにないアンダーパフォーマーです。彼らはまず言い訳をする傾向があり、怠け者であり、必要とされる努力をすることはめったにありません。さらに、彼らは自分がキャリアのどこにいるかに関心がなく、単に給与をもらっているだけです。

もちろん、世界中に異なるタイプの人間がいるほうが人生は面白いです。怠け者、人並み以下、満足している人、野心的な人など全てのタイプの人に居場所があります。今日よりもっと良い人間になろうと、現在を犠牲にして未来を見据えることができる人にとって良いニュースは、世の中には他と比べると野心的な人間は少数派だということです。ということは、目標に向かって努力をし続けることができる人々にとっては、チャンスは大いにあります。

真の野心を持っている人は、2018年のキャリアにおいて、積極的かつ実質的な進歩を遂げるようにしてください。次の大きな昇進、成果、成功のストーリーや人生を変えるチャンスがあなたを待っています!

そして、他の野心的な人々の側にいるようにしましょう。成功は伝染するものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です