関係の構築

最近話題のシンガポールでのトランプ-キム・サミットに倣い、今回は関係を構築するということについて触れたいと思います。今の時代、コミュニケーションの多くは電子的に行われています。もちろん、テクノロジーは非常に生産性の高いツールであり、国際的なビジネスを可能にしました。ですが、今回は対面コミュニケーションの重要性を改めて強調したいと思います。

人と本当に理解し合い、コミュニケーションを取るには、実際に会って話をしなければなりません。繰り返しになりますが、電話、テキストメッセージ、Eメールは素晴らしい強みがありますが、ボディーランゲージを観察したり、反応しているかどうかを確認したり、瞬時にアイデアを共有することはできません。また、文章で書かれたものは意図したものとは違った意味で解釈されることもあります。トーン、意図、目的が誤解される可能性もあります。これは、使用言語が一方または両方の母国語でない場合にはより大きな問題となります。もちろん、限られた時間と物理的な場所の障壁を考慮すると、対面コミュニケーションが難しい場合もありますが、仕事に関しては実際に会ってコミュニケーションを取ることを心掛けなければなりません。

営業担当は顧客と頻繁にミーティングをすることにより、より強い関係を築くことができます。財務、会計、法律に関する複雑な議論は、会議をするのが最適です。同僚間で信頼・協力関係を築いていくのには、業務外のカジュアルな環境での直接の対話が効果的です。業務上そりが合わない人がいますか?私は、あなたが率先して、問題に取り組むために会って話し合うことをお勧めします。

他者の反応を見たり、他者の視点を聞くことができれば、会話が深まり、よりお互いに理解することができます。それ故、面接は対面で行う必要があるのです。役割、期待を明確に説明し、それぞれがお互いの反応を見ることができます。

暖かい季節になり、クライアント、見込み客、同僚、仕事の関係者や社会・業務上のネットワークと連絡をとるのに最適な時期となりました。全ての人と親しく、強い関係を築くことは相互理解のキーポイントであり、信頼の構築、成功へと繋がります。あなたは今日誰と会いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です