コールバック

この記事では、面接のマナーに注目します。前回は、笑顔の効果と面接での態度について検討しました。今回は、面接終了後のアクションについてお話したいと思います。次のベストなステップは「コールバック」です。とてもシンプルなことですが、残念なことにできる人は限られています。

面接後に、新しい仕事のチャンスにワクワクして、早く良い返事が来るよう期待して待ったり、お祈りしたことが何回もあると思います。もしくは面接の次の日に、次の面接や内定の通知メールが来ていないかと、5分おきにメールボックスをチェックしたことはありませんか?ほとんどの方が面接後、このただ「待つ」という受身の姿勢を取っていると思います。

重要な面接のプロセスの1つに「コールバック」というアクションがあります。テクノロジーが発達した現在では、電話による折り返しは必要ありません。実際、もしあなたが面接官に電話をかけたなら、迷惑になるかもしれません。

ここで私の言う「コールバック」は、面接後のお礼メールのことになります。簡潔なメールを、面接で会った全ての方へ送るのがいいでしょう。面接官の方々へ、あなたの言葉でお礼と改めて入社を志望する旨を述べ、メールの最後は「ご連絡いただけますと幸いです。」と結びましょう。もし、人材紹介会社を通していて面接官の連絡先が分からない場合は、紹介会社の担当者に代わりに送ってもらうように頼みましょう。

前回の記事の繰り返しになりますが、私たちは皆、ポジティブで幸せな人と一緒に働きたいと思っています。加えて、企業は「私がそのポジションに最適の人材です」という、意欲があり積極的な態度を求めています。この面接後の「コールバック」というアクションによって、他の求職者より目立つことができ、採用担当者にあなたの意欲と、適切なビジネスマナーを示すことができます。

このアクションは、理想の仕事を得るためのあなたの持ち駒の1つになるでしょう!

マーク
スキルハウス

email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です