自分に「合った」仕事の選択

新しい仕事やキャリアを探す際の典型的なプロセスは、スキルや経験に合った会社の仕事を見つけることでしょう。ほとんどの求職者と雇用主は、主にこの2つの領域を重視しています。

雇用主側は、あなたのスキルや経験が、担当する業務をきちんと遂行できるか、チームや部署、会社に貢献できるか知りたいものです。その結果、候補者は面接でこれらの詳細を説明することに焦点を当て、雇用主は候補者が業務を行うことができると考えた場合に通常オファーを出します。そして、給与、キャリアパス、企業ブランドやタイプに基づいて、候補者はオファーを承諾または辞退します。

一般的にほとんどの場合は、このプロセスがうまく機能し、プロフェッショナル達は選択した専門分野及び企業で長く充実したキャリアを築いていきます。時々、しばらくして従業員と雇用主が別々の道を行くケースもありますが、そうなるとまた同じプロセスが始まります。

この記事では、私はより充実した仕事、オフィスライフを送る為に、ポジションに必要なスキルと経験の他に検討すべき追加項目についてお話します。

カルチャーフィット

これは難しい問題ですが、私はあなたの直感に従うことを提案します。よくわからない場合、可能であれば、より多くのチームメンバーに会わせてもらうように頼んだり、最終面接で、会社で優れていると思う人物のタイプについての質問をします。建物に一歩足を踏み入れてから見送られるまで常に、あなたが会う全ての人をよく観察してください。彼らが明るいか、熱心か、賢そうか等を観察し、また一番重要なポイントは自分がチームや会社に溶け込めるかを見てください。

期待される成果

あなたにどんな役割と責任を期待しているかをよく確認し、理解しましょう。また、あなたが期待に応え、または超える活躍をした場合、キャリアゴールの達成に向けてどのように前進していけるかを考えましょう。あなたが期待されていると考えていた成果が、雇用主が考えていたものと異なることから仕事を始めることほど困難なことはありません。最終面接に行った際には、あなたの役割に関する質問をしてこの問題をクリアにしてください。

ロケーション

これはあまり重要なポイントとして扱われず、ほとんどの人は通勤時間のみ考慮します。家からドア・ツー・ドアで1時間以内であることが一般的な決まりのようになっています。しかし私は、あなたが実際に通勤する”練習”をすることをお勧めします。電車は信じられないくらい混雑していませんか?乗り換えの回数は?オフィスの近くに色々なレストランやお店がありますか?多くの時間を通勤やオフィスエリアで過ごすことになるので、環境を「楽しむ」ことが重要です。毎日あなたが通勤やオフィスエリアについて嘆いていては、仕事をしていて完全に幸せと感じられないでしょう。

面接のプロセスは、雇用主と求職者がスキルと経験をすり合わせ、業務を遂行できるかを見る為に設定されています。私は、求職者がキャリアをより楽しく充実したものにする為に他の材料についても検討することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です