効率的な業務の遂行

習慣は、それらが適切なものである限り素晴らしいものです!プロフェッショナルとして、私達は毎日やることがたくさんあります。タスクの優先順位付けをすることによって、効率的で充実した日々を送ることができます。

Eメールが商業利用される以前に社会人としてのキャリアをスタートした方々は、電話が仕事を完了させる最速の方法であると身にしみているでしょう。(私達のDNAの一部でもあります)もちろんEメールも、もはやなくては仕事にならないほど効率的なツールです。しかし、私はEメールに頼りすぎているプロフェッショナルを毎日見ています。彼らは対応しているだけで、積極的に業務を推進してはいません。何百ものEメールを毎日受信し、ただそれらに全部返信するだけで一日が終わってしまっています。実際、私はほとんどの人が、受信したEメール全てに返信することができたら、その日の目標は達成され生産的だったと考えていると思います。もちろん、ほんの数秒でも空のインボックスを見ることは気持ちがいいですが、あなたは本当に効率的に業務を行っていますか?あなたは他の人のニーズに答えているだけ、もしくはさらに悪いことに、ただEメールを送って返信が来るのを待ってはいませんか?

仕事を完了するためのベストなツールは電話です。クライアント、見込み顧客、同僚、ベンダー、そしてあなたが完了しなければならない業務に関わる全ての人に電話しましょう。即座に結果が得られ、毎日効率的に業務を完了できるでしょう。もちろん、時差があって電話ができない場合や、相手が電話に出られない(留守電を入れることを忘れずに)など、Eメールでないとならない場合もあります。Eメールは一次の通信手段ではなく、バックアップツールとして使ってください。いっそのこと、メールソフトを閉じて、完了しなければならない作業が終わるまで開けなければ、効率よく業務を遂行でき、目標を達成することができるでしょう。迅速に仕事を完了できることに加え、電話は会話をしている時に、良し悪しは別にしてすぐに回答を得ることができます。(難しい質問にも答えられます) Eメールの場合は、返信を避けることが簡単にでき、別のEメールを処理している間に避けたメールを忘れるという悪循環が続きます。

あなたが本当に仕事を成し遂げ、迅速に回答を得たいなら、電話を掛けましょう。電話は最も効率的なツールで、人間のコミュニケーションにおいて勝るものはないと実感するでしょう。さらに、生産効率が上がり、様々な問題や躊躇に即座に対応できるようになり、成功に繋がるでしょう。

電話を掛けましょう!毎日!

Phone Call

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です