通学路

もしあなたが毎朝早く出勤しているなら、多くの子ども達が学校に向かうのを見ているでしょう。私は毎朝見かけます。そして、子ども達を見るたび、もしプロフェッショナル達が子ども達のようなら彼らはキャリアにおいてもっと成功するのになあと思ってしまいます。子ども達のようにとは、彼らが行っている基本的な活動やしなければならない事を見習うということです。以下は、より生産的になりキャリアアップするために、子ども達から見習うべきことです。

1.朝の活動

ほとんどの学校は7時45分から8時15分までに始まるので、子ども達は早起きしてしっかりと朝食を取り、チャイムが鳴る前に学校に着くよう家を出ます。過去の投稿からも分かるように、私は全てのタスクを完了し同僚達を動かすためにも朝早く出勤することを勧めています。子ども達にできるなら、あなたにもできるはずです!

2.事前準備

もし子どもがいるなら、翌日の準備はマストであることを知っているでしょう。お弁当の準備をし、洋服を揃え、ランドセルの準備をして玄関に置き、夜寝る前にやらなければならないことを準備すると翌朝の支度がスムーズに進みます。もし事前にTO DOリストを作って準備をし、天気予報をチェックして通勤経路を確認し、書類を揃えておけば、朝とその日の業務がスムーズにいきます。

3.宿題

ほとんどの子どもたちは、学校に帰るとすぐ、もしくは夜までに宿題を済ませなければなりません。もしあなたに子どもがいて、宿題を忘れていてその日の朝急に宿題があることを思い出したりしたら、その日はカオスです。家を出る前に既にかなりのストレスです。その日を台無しにしないためにも、前日までに必要なタスクを全て完了しておくことを忘れないでください。

4.計画

適切にプランを立てましょう。1年を通して、子ども達が参加しなければならない学校イベントがたくさんあります。重要なポイントは、子ども達はそのような重要なイベントの前日や翌日は活動やコースワークが過負荷にならないよう調整されているという点です。もしあなたが営業や顧客管理をしているなら、大きなプレゼンや重要な業務がある前日は、クライアントや同僚と飲みに行く計画をしないほうがいいでしょう。ベストなパフォーマンスができない可能性が高くなります。

5.休み時間

休み時間を忘れてはいけません。子ども達はこの時間を使って思いっきり遊び、頭をすっきりさせ、ストレスを解消しています。私達社会人もそうすべきです!もし、同僚と業務について話し合う必要があるなら、オフィスを出て歩きながら話してみるのもいいでしょう。もしオフィスの近くにマッサージ店があるなら、30分の足マッサージを受けるのもいいでしょう。水道橋や後楽園の近くに勤めているなら、ランチ時などにジェットコースターに乗るのもアリです。休み時間を挟むことで、一日中アクティブ且つフレッシュでいることができます。

次に学校に向かう子ども達を見たとき、この5つのレッスンを思い出し、自分に当てはめてみてください。よりストレスフリーに、準備万端で効率的に業務ができるようになり、キャリアの成功につながるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です