要望に対する注意事項 (Dos and Don’ts)

あなたは何か希望や要望があるのに諦めたことがありますか?機会を逃して後悔したことはありますか?もしくは、尋ねたにも関わらず希望したものを得られなかったことはありますか?今回は、仕事上で効果を生む、いつ尋ね、いつ待つべきかという基本をいくつか説明したいと思います。

就職活動

Dos:私は候補者が最終面接のプロセスでなぜこの仕事に就きたいかを説明した上で、さらに期待を越えられるよう努力するのでチャンスを下さいとフォローアップのメールを受け取ると大変嬉しく思います。素晴らしいことですが、経験上大変珍しいことです。もし本当に仕事が欲しいなら、明確且つ正確に自信を持って申し出てください。(ただし傲慢にではなく、あくまでも謙虚に)

Don’t:あまりにも多くの質問、特に私的な質問はしない方がよいでしょう。質問があるか尋ねた際に、話題から逸れて面接官の個人的な経歴を聞く候補者がいますが、これは避けるべきです。もしこのような質問をする場合には、仕事や会社に関連しているかよく考えてください。疑問が浮かぶ場合は、しない方が無難でしょう。

職務

Do:あなたのチーム、部署または会社内で、より多くの職務を引き受けたり、チームやプロジェクトをリードする機会はありますか?ある場合は、担当マネージャーに相談してください。ミーティングの場では、現在の仕事も疎かにしない上で機会を希望していること、なぜ自分が良い仕事ができるか、適任なのかを明確に説明してください。

Don’t:他の仕事に支障が出たり、追加の仕事に費やす時間と労力が制限される場合は、より多くの職務を求めるべきではありません。

昇進

Do:あなたは管理責任を負う準備が整っていると思いますか?上司とミーティングを設け、その機会を望む理由を明確に説明してください。もし上司が時期尚早であると言った場合は、具体的にどのようなスキルや経験が必要なのか尋ねましょう。そして条件を満たした際に、再度申し出てみてください。

Don’t:もし適切なスキル、十分な成長度、経験等がなく、満足のいくパフォーマンスが出せない可能性が高い場合は、相談するのをやめましょう。さらに現在の職務が十分に習得出来ていない場合も、より高い職位を求めるべきではありません。

一般的事項

Do:あなたが人生で欲しいものを得るためには、はっきりと主張し、要望を伝えなければなりません。あなたが合理的であり、信頼関係のある人に尋ねているのなら、要望が通る可能性も高いでしょう。

Don’t:特に知らない人や会ったばかりの人に、あまりにも多くを求めないでください。要望が多い場合は、再考しましょう。

要望が何であれ、あなたの力になってくれるベストな人に伝えてください。同様に、要望に対し準備が整い万全の状態であることが重要です。もし要望が通った場合は、成功するようベストを尽くして仕事をしてください。そうすれば、キャリアにおいてもっと多くのYesが得られるはずです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です