Questions… Questions… Questions…

求職者の方は、面接の際に何を質問するか又はしてはならないか、インタビューのどの段階で質問するかなど、とてつもない量のデータと専門家によるアドバイスにアクセスすることが可能です。さらに、将来の雇用主を不愉快にさせず、プロフェッショナルに思われ、必要な情報を引き出す質問の組み立て方法などの情報も溢れています。

私はいつも、いつ・何を質問するかという事を求職者の方に任せています。なぜなら、あなたがその時の状況と期待するキャリアに合うかという最適な判断を下せるからです。ですので、あなたの感覚に従ってください。

ここでは、会社とポジションが希望と合った場合に、他に役立つ決め手となる質問のトピックをいくつかご紹介します。突き詰めると、面接とは会社と求職者が共に希望に合っているかを判断する機会です。多くの場合、会社側が最終意思決定権を持つような態度を示しますが…私が詳細な質問リストを提供しないのは、全ての状況に合う質問がないからです。これは、あなたがこれから時間とエネルギーをかける場所についてのことなので、できるだけあなた自身で見つけて欲しいと思っています。

あなたが面接を受けているなら、あなたの経験とスキルはそのポジションの要件に合っているのでしょう。結果、私は他の2つのことに焦点を当てます。1つ目はカルチャーフィット、2つ目は目標達成した場合の褒賞です。

カルチャーフィット

ほとんどの場合、会社の環境や従業員があなたのタイプと興味にあっているか感覚的に分かります。面接で会った人達は幸せそうだったか?彼らは自社製品やサービスに誇りを持っているか?受付を含め、話をした方々に歓迎されたか?彼らは、このポジションについて説明するときに張り切っていたか?本当に満足して働いているか?もし、採用マネージャーやチームメンバーから情熱を感じられたなら、楽しく、生き生きした職場でしょう。そうでなければ、それは危険のサインです!カルチャーフィットや残業を見逃す多くの人が、不幸になったり、不満を抱えたりします。

エクスペクテーション

私が何千もの紹介をした中で最も成功したインタビューは、ポジションへの期待、その目標を達成した場合の褒賞(報酬、昇進など)を正確に提示し、把握したものです。

何を期待されているのか、どのような環境なのか等、あなたの役割をしっかりと明確にしていれば、その仕事で成功することができます。面接官から提供される職務内容や詳細を使い、どのようなタイプの人が成功を収めているのか、役割・会社・グループがどのような仕組みになっているのかを質問しましょう。何を期待されているのかを初日からしっかりと把握しておけば、業務に集中することができます。もし募集要項が曖昧であったり、採用マネージャーがよく把握してない場合は危険のサインです!

面接のプロセスはあなたのスキルや経験を説明する絶好の機会です。そして、その会社が自分にカルチャーフィットしているか、目標達成した場合は褒賞があるのかを確認する機会でもあります。

納得いくまで、どんどん質問してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です