SMILEのパワー!

フレンドリーでプロフェッショナルな姿勢は、業務上、良い効果を発揮します。この記事では、インタビュープロセスにおける、笑顔のパワーと友好・社交的な態度についてお話したいと思います。

レストランやお店で、笑顔で迎えられなかったことがありますか?もしあるならば、あなたはその出来事を嫌な記憶、少なくとも特別でなかったとして覚えていませんか。転職の際の面接でも同じことが言えます。面接では、緊張感を含む色々な感情が沸いてくると思います。ですが、この面接は雇用主になり得る企業に、あなたのプロ意識やスキル、経験、志望動機を明確に示す絶好の機会です。そして、面接官に良い印象を残す唯一の機会でもあるので、記憶に残るものにする必要があります。

採用担当者にとって、候補者の方が晴れやかな笑顔で立っている部屋に入っていくことほど、気持ちの良いことはありません。あなたが笑顔で、「本日は面接の機会を頂いて、ありがとうございます。私のスキル・経験や、募集要件についてお話できるのを楽しみにしております。」と挨拶をするのを面接官がどのように感じるか想像してみてください。面接では、フレンドリーで前向きな態度を保ち、インタビューが心地良く進むよう心がけ、終了の際は笑顔で、お礼の挨拶と次のステップに進めることを希望している旨を伝えましょう。面接官の方に良い印象を残したいと思うならば、笑顔はあなたが幸せで、仕事熱心だと伝える最も簡単な方法です。どの求職者の方も、レストランやお店での嫌な経験と同じ記憶は面接官に残したくはないでしょう。全ての候補者が同じスキルと経験を持っているとすると、熱意があり、一緒に働きたいと思わせてくれた方に内定通知が届くことは容易に想像がつきます。

20年以上、数千の求職者の方がオファーを得たり、逃したりする場面を見続けてきた結果、私は自信を持って、笑顔にはパワーがあると言えます。私たちは皆、ポジティブで幸せな人と一緒に働きたいと思っています。貴方に次の雇用機会を与えてくれる可能性のある人と会う「面接」を楽しみ、そして笑顔を忘れないでください!

マーク
スキルハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です