The Best

The Best

常に成功を収めていたり、期待以上の結果を出している同僚に対して、どのように仕事しているのだろうと疑問に思ったことがありますか。彼らはKPI、要件や日々のタスクを簡単にこなしているように見え、一流だと認識されています。私はいつも他の従業員から「彼らが何をしているか教えてください」と言われているので、今回は一流のプロフェッショナルの仕事についてご紹介します。もちろん、一流だと認識されている以外の同僚達も、自身のキャリアで成功したいと思っており、答えやヒント、アドバイスを求めたり、なにか秘密がないかと探ったり、一流のプロフェッショナルをお手本にして、生産的かつ効果的に業務できるよう試みています。上司に更なるトレーニング、ツールやリソースを求めることもあります。しかしながら、私はほとんどの人々が本当は何をすべきか知っていると思っています。

あなたが1年以上同じ仕事をしているなら、求められているものと日々完了すべきタスクを理解し、成功するために必要なトレーニングや経験が十分にあるはずです。私は、結果が出ていない人が一流のプロフェッショナルをお手本にしても、まだすべきことが分かっていないことに驚かされます。これらは言い訳にすぎません。繰り返しになりますが、誰もが何をすべきか、そしてどうやって目標を達成するのかを理解しているはずです。不足している事は、単純に一生懸命効率的に働くことだけです。どうすれば一流のプロフェッショナルになれるのか。彼らは極めて一生懸命働き、過去の失敗から学び、二度と同じ間違いを繰り返しません。長年にわたって組織・チームを管理してきましたが、成功したいけどそこまで一生懸命働く気はない従業員は常にわかります。一流になるということは大変ですが、成功するか、平凡か失敗かを決定する重要な要素なのです。一流のプロフェッショナルは仕事を簡単にこなしているように見えますが、実際は必死に働き、同じように日々困難に直面したり、スランプに陥ったり、仕事以外の問題を抱えていたりするのです。他の人との差別化要因は、それらを全て脇に置いて必死に働く能力です。一流のプロフェッショナルをお手本としようとしている人が、当人よりも早くオフィスを出るというのは非常に不思議ですよね。リップサービスでは何も成し遂げることができいません。成功したいのなら努力は必須です!必死に働こうとせずに一流のプロフェッショナルを真似するだけでは、なんの成果もありません。

一流のプロフェッショナルの本当の秘密は、自分自身に対して正直であることです。何をすべきかは自身が一番良く分かっているはずなので、言い訳をしないことです。日々完了すべきタスク、期待値、達成すべきKPI、ベンチマークや業務が分かっているはずです。一流になりたいのなら、過去の失敗から学び、二度と同じ間違いを繰り返さないよう必死に働きましょう。トレーニング、コーチングや目新しいツールは、あなたのために働いてはくれませんし、秘密の魔法もショートカットもありません。

一流のプロフェッショナルは、時間を最大限に活用し、業務の取捨選択をし、毎日仕事が終わるまで100%の力を出し続けます。次に一流のプロフェッショナルに会ったとき、本当に成功したいのかを自問自答してみてください。そして、もし答えがYesなら一生懸命働いてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です