早起き

みなさんも、早起きは三文の徳と小学校の時に教えられたと思います。事実、早起きでその日の準備をきちんとする子どもは良い成績を修めるとの研究結果も出ています。

この結果を社会人に置き換えてみると、朝早く仕事を開始する人とそうでない人に違いは表れるのでしょうか。もちろん表れます!唯一の要因かと問われるとそうではありませんが、違いは見られます。朝早く仕事を開始することは、成功する上でとても有利になる一因です。キャリアにおいて成功することが、多くの社会人の目標なのですから実践してみる価値はありますね。

多くの研究によって、早起きの人や早く仕事を開始する人達には下記の様な強みや特徴が共通してあることが示されています。

  • 積極性が高い
  • 起こりうる問題を予測できる
  • 計画性が高い
  • 楽観的である
  • 通勤が比較的楽
  • 静かで計画的な時間を好む

私の経験によると、早く仕事を開始する人達はコンスタントにより良い結果を出し続けています。もちろん、早くオフィスに来るだけではこの結果は出ません。早く来た分の時間をその日の準備やタスク・目標管理のために有効に使い、やるべき事はその日に全て完了するという組み合わせがあってこそです。

生産性と効率が上がることに加え、早く仕事を開始する人達はストレスレベルが低く、整理ができるという特徴が見られます。これは、彼らが生産的で計画性があるので、突然の出来事や問題、又は日常業務に新たに追加される案件等に柔軟に対応できるという事実に起因します。さらに、彼らは期限を守り、信頼性があり、より良質な仕事をするという傾向があります。

もしあなたが長期的により多くの功績を立てて成功したいのなら、早起きして計画性をもって日々の業務を迎えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です