面接は既に終わっている?

今回は、採用マネージャーの前に立つの応募プロセス中の活動についてお話します。面接の半分は採用担当者に会う前に終了していると言ったらどうでしょう?さらに、採用マネージャーはあなたに会う前から既に、あなたを採用するか否かを決断していると言ったらどうでしょう?実はこれは事実であり、この事を知れば知るほど、あなたは理想の仕事を得られるようになるでしょう。もちろん、社会人らしいメールアドレス、志望動機やカバーレターを含む明確で説得力のあるレジュメは、あなたが志望する会社の目に留まるために重要になります。これらは会社から連絡をもらうための鍵です。では次にすべきことは何でしょうか。

日程調整

あなたは会社の人事部の採用担当者、又は担当エージェントから連絡をもらうでしょう。面接の都合の良い日程を聞かれ、返答した後に、異なる日時を指定されたことが何回あったか覚えていますか。もしあなたが現在就業中で、次の月曜10時に面接に来てくださいと言われたらどうしますか?お会いできることを楽しみにしていますと添えて、快く返事をしますか?それとも、その日時では不可能なこと、午後7時半以降でしか面接できないことを伝えますか?

もちろん会社は、会社にとって都合の良い日時を指定してきますが、彼らは既に面接のプロセスを開始していることを覚えておいてください。どのように彼らとのやり取りを進めていますか?メールはビジネスにふさわしく、誤字脱字なく句読点も正確ですか?採用担当者達はあなたがどのようにコミュニケーションを取るかを今現在、評価しています。さらに、彼らはあなたに柔軟性があるか、このようなシンプルな課題にどのように対処し完了するかを見極めているのです。もしあなたが指定された面接日程に合わせられないなら、彼らはあなたが要領が悪い、又は柔軟ではないとの印象を受けるでしょう。彼らは最初のリクエストから柔軟性と責任感を求めてきますが、私はあなたが合わせるためにできる努力は全てすることを強く勧めます。

ソーシャルメディア、LinkedIn 等

これらについては以前の投稿でもお伝えしましたが、とても重要なので改めて念を押します。世間に公開する、自身が作りあげるイメージには細心の注意を払いましょう。あなたのFacebookページは好ましくない写真や社会人らしくない投稿で溢れていませんか。会社はあなたが世間にどんなイメージを示しているかを見ています。なぜなら、会社はあなたが社員や会社を代表するにふさわしいか判断しているのです。これはあなたが面接に訪れる前に既に行われています。

到着とすれ違う人々

面接日には常に、あなたの行動とすれ違う人々に気を配ってください。うまくいかなかった面接は、あなたの業務能力には関係のない可能性が非常に高いです。会社のビルに入る前、タバコを道に落としませんでしたか?常に誰かが見ています。ビルに入る際受付にきちんと挨拶をして、出るときにはお礼を言いましたか?彼らは確実にあなたの様子を報告しているでしょう。あなたが素晴らしい面接をしたとしても、受付や事務の担当者に失礼な態度を取ったりすると、その振る舞いは人事や採用マネージャーに伝わります。あなたが失礼で見下した態度を取った等と報告されたくはないでしょう。直接会う人やすれ違う人など全ての人があなたの成功に重要な意味を持つので、常に礼儀正しく社会人らしく振舞うことが大切です。全ての人に笑顔で挨拶をしましょう。エレベーターですれ違った人は社長かもしれませんよ!

面接のプロセスは応募から始まり、会社とのやり取り、面接まで続いていることを意識してください。全てのステップにおいて準備万端で、礼儀正しく、社会人らしく柔軟性を持ち好意的でいましょう。理想の仕事を得るために全てを整えてください。もし全てできているなら、実際の面接はあなたと会社にとって双方が適切であることを確認するだけのシンプルなものになるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です