ランニング

前回ジョギングをしたときのことを覚えていますか。それほど頻繁に走っていなければ、思い出すのは難しいかもしれません。今回は、ジョギング(ランニング)が私たちの仕事にどのように関連し得るかを書きたいと思います。ほとんどの方は、走るときにランドマークのあるコースを選ぶ傾向があります。それが短い5Kmであろうと10Km以上であろうと関係なく、どれだけ遠くまで走ったか、そしてあとどのくらい走るのかを測るためにランドマークを使います。ですが、時間や完走の目標がある場合に自信喪失に陥る最も典型的なケースは、ゴールにタワーや高いビル等のランドマークを設定して常に見ながら走ることです。常にゴールを見ていると、そこにたどり着くのがより難しく感じるものです。

我々の仕事には、プロジェクトの完了や、売り上げ目標の達成、レポートや提案の完成など、目標や要件がつきものです。ランニングのように常にゴールだけを見ていると、完了することは不可能または困難に思えてきます。(時には開始することさえ困難に思えてきます。)代わりに、軌道を保てるようにマイルストーンや毎日のタスクを設定してください。ランニングにおいては、目の前のものに焦点を合わせていく感じです。そうすることで気づかないうちに半分、そしてゴールに着いているでしょう。仕事では、毎日何を完了しなければならないのかを必ず理解し、それを確実に実行してください。そして、その内容があなたのベストであるように努めてください。いつのまにか日が経ち、スケジュール通りでハイクオリティな仕事ができたと達成感をもって中間地点に立っていることでしょう。

誰も5分で10Km走ることはできませんし、重要なタスクやプロジェクトを素早く完了しようとすべきではありません。その日の要件に集中して毎日確実に完了し、毎日ハイクオリティな仕事をしていれば、知らず知らずのうちにゴールにたどり着いているはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です