ワーキングスタイル

現在、全ての企業が才能あるプロフェッショナルを採用するために競合しています。彼らを惹きつける為に、他の企業よりも優れたベネフィットを提供しようと頭を悩ませています。過去20年間で、私はたくさんの素晴らしいベネフィットやそうでもない特典を見てきました。ユニークな退職プラン、医療給付金、カジュアルフライデー、クールビズ、しっかりしたボーナス構成、コミッションや報奨金制度から、無料のランチやスナック、ドリンクバーまで、そしてもちろんフレックス制度もありました。より魅力的な労働条件、特典、仕事のスタイルを提供する企業により、仕事の仕方は常にハイペースで変化し続けています。特に、技術の進歩によって「どこからでも働くことができる」ようになるにつれて、ワークスタイルの変化はますますスピードアップするでしょう。

これは、求職者にとって素晴らしいニュースです。しかし、私は多くのプロフェッショナルがフレックス制度に苦労している姿をよく見ます。前置きとして、私の発見は純粋に事例であり、もちろん、常に例外があると言わなければなりません。しかし、特定の職業の特定のキャリアや性質において、プロフェッショナル達が苦しむケースが多々見られます。

求職者としてフレックス制度や在宅勤務のオプションがあるポジションのオファーを受ける際、何を考慮する必要があるでしょうか。優れた業績だけでなく、その役割にも満足できるよう、以下のような状況を考慮してください。

1. 自分に正直であること。午前の中頃に出勤したり、週に数日パジャマのままで在宅勤務をすることはもちろん素晴らしいことです。しかし、自分を見つめなおしてみてください。あなたは時間管理が下手だったり、気が散るタイプですか。もしそうなら、あなたは苦労し、生産性が低下し、最終的には失望の結果につながり、期待はずれの従業員ということになってしまいます。周りに誰もいなくても一貫して常に仕事をし続けるにはユニークな才能が必要です。結果として、これらのワーキングスタイルのオプションが有っても、気が散ったり集中できなかったりするならば、毎日朝からオフィスにいるほうが賢明です!

2. 仕事の成果物。あなたの仕事は、業務の維持や監視、又は良い結果に導くことを必要としますか。これらのポジションは、フレキシブルな勤務時間や在宅勤務に適しています。しかし、よりダイナミックなイノベーション、日々の同僚との交流、同僚のサポート、第三者との協力、又は何らかの具体的な成果を求める仕事では、フレックス制で業務している人の生産性が低い傾向があります。この場合、インスピレーションとタスクで協力が必要なリソースと同僚が近くにいるオフィスで過ごすことをオススメします。

3. 可視性。もちろん、ただ出勤するだけでは不十分です。しかし、同僚があなたのサポートや指導を最も必要とする時、プロジェクトや他のタスクが難しい局面や、チームの成績が良くない時に、その場にいてサポートできるということは他の人達にとって精神的に大きな支えとなります。これは、あなた自身やチーム、部門にとって歓迎すべきことです。もしあなたやチームが成果を出せずに苦しんでいるなら、オフィスにいて同僚を助けたり、ただオフィスにいることでサポート態勢であることを示してください。遅く来たり、在宅勤務ができる状態でも、オフィスにいるということで難題を克服するための力を与えるでしょう。これは「静かな」リーダーシップであり、才能ある上司にも認められるでしょう。

あなたの職業が何であれ、企業が提供する多くの柔軟な働き方に賛否両論があることを知っておいてください。そして最も重要なのは、それぞれの具体的な役割と職場環境でどのような効果を得られるかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です